<< 2017年あけましておめでとうございます | main | 小説執筆しました「水と氷」 >>

相棒劇場版IV 見てきました

 先週より公開されている、相棒劇場版IVを見てきました。

 国際犯罪組織レイブンの情報を掴んだ国連犯罪情報事務局のリュウとともに、特命係は情報を掴んだ人物と接触を試みるが、一言名前を残して殺されてしまう。続いて、とあるビルで食中毒騒ぎが発生し、さらには7年前に拉致された少女を使ってテロ予告が行われる。レイブンの予告に隠された意味と、その目的とは――。
 北九州市で撮影されたパレードのシーンはまさに劇場版Iのときと似た雰囲気で描かれ、アクションも含まれていて劇場版らしさを感じます。それでいて、ミステリー部分も追求されており、とても面白かったです。
 特にCMでも流れてましたが、右京さんが柵越えするときの飛び方、かっこいいですよねえ。他にも、伊丹たちのシーンもかっこよかった。こう、ぐっとくるシーンは多かったです。涙腺が弱くなった可能性も無きにしもあらずですが(笑)
 ただ、ミステリーでいうと、テロの下りがあっさりしていたり、後半の幸子さんのスマホを借りるシーン付近の出来事の理由がよくわからなかったり、そもそも冒頭で殺された彼は誰からその情報を入手していたのか、その人物は殺さなくてよいのか等々、疑問が多いのも事実。一応はまとめあげているものの、風呂敷を広げてしまいきれていないところがあったのは否めませんでした。まあ、そういう意味ではIIの終わり方もいまいちだったものの、あれは布石になっているので別でしょうね。

 まあ、なんだかんだいえ、エキストラを使ったあのシーンはすごかったですし、面白かった!

スポンサーサイト

  • 2017.09.15 Friday
  • -
  • 21:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする










プロフィール
ブログ内検索
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カテゴリ
最近の記事
アーカイブ
SNS等
リンク
フィード
JUGEM Ad