<< 君の名は。 見てきました | main | ポケスク総計十一周年 >>

映画聲の形 見てきました

 一昨日公開された、「映画聲の形」を見てきました。


ストーリー:
映画聲の形 イントロダクション



 あまり、公式サイトに掲載されていること以上のことは書かないようにしているのですが、あまりに公式で触れている内容が少ないため、ストーリーはサイトのイントロダクションで確認いただくとして。

 このところ恋愛系のアニメ映画が続くという印象がありますが、(実際見ているかどうかはともかくとして)本作はその中でもタイトルの通りの現実的なテーマを含んでおり、重ための印象。どちらかというとそちらに比重をおいており、"恋愛青春映画"のくくりに入れ込むのは間違っているような気がします。
 ただ、青春のところだけを抜粋すればそれは間違っていなくて、ろう者と孤立してしまった主人公、それを取り巻く人達が前に進むための物語です。

 原作を読んだことがないのですが、繰り返しになりますが重ための印象の作品で、エンターテイメントに特化しているわけではないので、見ていて辛いと思うところも幾つかありましたが、面白かったです。特に現実的なテーマから来るあたりには共感ではないですが――なんというんでしょうね、教訓とでも言えばいいんでしょうか、無事テーマの部分をしっかりと感じることができました。そういう意味ではこの重たさがそれを感じさせているのかもしれないですね。

 面白い、で片付けては語彙不足が否めませんが、このテーマを向き合うきっかけができる作品でした。

スポンサーサイト

  • 2017.04.24 Monday
  • -
  • 19:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする










プロフィール
ブログ内検索
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
カテゴリ
最近の記事
アーカイブ
SNS等
リンク
フィード
JUGEM Ad