ポケモン キミにきめた! 見てきました

 昨日公開された、ポケモンの20th記念映画、キミにきめた! を見てきました。

 20年と続くポケモンのアニメの第1話を起点としたストーリー。放送当時ホウオウは発表されておらず、また、ポケモン図鑑でもデータなしと案内され、謎に包まれたところを起点としています。実際、それがホウオウであることは金銀編で明かされるわけですが、それ以降アニメにも映画にもほぼ登場せず、デビューしてから丸20年目の大舞台です。
 当初から言われていましたが、リメイクであるにも関わらず、当時のメインキャラクタが登場しないことに違和感を覚えたものの、完全にパラレルワールドの設定なのか最初こそほぼ同じなものの、完全にオリジナル。
 とはいえ、若干のネタバレになるかもしれませんが、原点であったネタを仕込んであったり、ぽつぽつと既存作品のオマージュ? と思われるところがあり、完全にポケモン老人泣かせでした。公式見たらあんまり触れて良さそうなところがないので、ネタバレを考えると書きにくいのですが……。
 ただ、たくさんあるネタを厳選しているとは思うのですが、少々詰め込みすぎと感じるところも。最初から最後までスキップできるところが多くないというのもあると思うのですが、もったいないなあと思いました。
 今作のバトルシーンはなかなか胸熱でした。なんというか、アニメXYになってからバトルシーンの作画が向上したと思うのですが、その流れは続いていてもう冒頭からかっこよくてほんとすごかった。とても迫力あるバトルが映画館の大きなスクリーンで見れることはほんと価値ありなのかな、と思います。

 迫力ある戦闘シーンや過去のオマージュだったり、これまで見続けてきた身としては大変面白い作品でした。
 例年通り次回作もあるようで、今回はリメイクだっただけに来年どうなるのかも楽しみです!

Splatoonありがとう!

 2015年5月に発売のSplatoonですが本日で私個人のプレイを終了しました。
 理由はWiiUを手放すことになる為。なぜ手放すかというと、来週にNintendo SwitchでSplatoon2が出る為です。

 単体記事としてはあげていませんでしたが、昨年の3月中頃にWiiUを購入しそれと同時にSplatoonを購入していました。理由はいろいろあるのですが、いろんなところでSplatoonをプレイさせて頂く機会があり、やりたい! と思って購入しました。あと当時WiiUは品薄でソフトよりもハードの購入のハードルが高く、それで結構煽りを受けたの踏ん切りをつけられた感じです。
 ハードも奇跡的にオンラインで購入することができ、購入後数分で品切れになったり、結構ぎりぎりだったのを覚えています。
 実はそのハード購入もSplatoonに飽きたら別のゲームでもやるかーと、当てをつけていたのもあったのですが、あまりにSplatoonが面白すぎて――またそのゲームの評判があまりよくなかったのもあって――結局購入せず。そのため、Splatoon1はオンライン対戦が主なのでゆくゆくはできなくなることや、2が出たらやることもなくなりそうなので、ソフトごとハードを売却することになったためプレイできなくなる、というのが理由です。あと、前夜祭のプレイの感覚を残しておきたいというのもありますが。

 そんなSplatoon1ですが、前述したとおり全く飽きず、毎日とは言わずとも休日時間があればやるみたいなスタンスをずっと続けてきて、本日できないのもちょっともぞもぞしてしまう感じに。いやあ、もともと、FPSやTPS等、こういった種類のゲームをやったことなかったのも相まってだと思いますが、本当に面白かったです。
 結局ガチマッチではS+カンストはできずでしたが、次回作でなんとかやりたいですね!

 ちなみに一番上にあがったのは、シャープマーカー(S+56)です。S+60の壁が本当に超えられませんでした……。
 他にもいろんなブキを使っていて、スプラシューターコラボがS+、スプラチャージャー、カーボンローラー、バレルスピナー、スクリュースロッシャー、ロングブラスターカスタム、パーマネントパブロでSまでは上がりました。多少は維持してましたが、しばらくするとどれもA+降格なのであれですが……。

 まあ何はともあれ、ここまで楽しませてくれたSplatoonにほんとうに感謝です!
 Splatoon2も楽しみに待ってます!

SSLに対応しました

 Sorakaze.infoを常時SSLでアクセスできるように対応しました。SSLに対応する意味はあまりないかもしれませんが、時代の流れもありますし、せっかくSSL対応できるようになったので。

 というのも、サーバ側が無料でSSLを使えるようにしたよ! とアナウンスがあったため。

 まあ、案の定、Let's Encryptですが、いずれ来るだろうと思っていたのでやっときたかという感じで、早速対応しました。特にSSL化の恩恵をうけるようなことはありませんが、いずれ将来他のサイトをSSL化するときの参考にもなりますし、いい機会かな、と。
 SSL化に伴いソースを見返したところ、IE8以下用のCSS3 Media QueryがGoogle Codeを指定していたので修正と著作権表示の年号を修正しました。Google Code閉鎖はだいぶ前なのでかなりほっといた感じですが……。著作権表示も末尾の年号を入れる必要もないかと思うのですが、まあ、無難に。

【ポケスク】覆面作家企画6ありがとうございました!

 昨日までポケモン小説スクエアで開催していた、覆面作家企画6が無事に終了しました。作品をご投稿頂いた方、推理投稿していただいた方、応援していただいた方、ご参加いただいた方、本当にありがとうございました!

 今年は昨年度比+4作品の18作品、推理投稿は昨年度比-52の56件でした。昨年は推理投稿については特に強く"お願い"をしており成功したので今年はあまり強くはプッシュしなかったのが痛手だったのかな、と反省しています。投稿をすることも大事だとは思っているのですが、推理投稿が伸びないのは企画も破綻してるのでどうにかしなければなあ、と思っています。
 もっとも例年通り、「次回は未定」ですが……。

 今年のテーマは、「羽」と「リゾート」がテーマでした。毎回テーマは思いつきなので、羽の理由はちょっと忘れてしまったのですが、リゾートは完全にアローラを意識していました。他にも、シンオウのリゾートエリアや、ホウエンのバトルリゾート、イッシュのサザナミタウン付近や"リゾート"デザートなんかもあり、舞台としては扱いやすいテーマだと思っていたのですが、アローラ1強ぐらいの勢いで驚きました。やっぱり、出たばっかりというのもあったり、舞台テーマは扱いやすいのもあるんでしょうか。

 あと驚いたのは、特に意識していたわけではないのですが眺望のあるテーマを並べたつもりだったのに、暗い作品が多かったことですね。羽がまさか昇天的な意味で扱われ、リゾートがブラックな意味で使われるとは想定もしていなかったのでまさかこんなことになるとは……というのが印象でした。それも一つや二つならともかく、いくつもあったのでほんとに。特にアローラの野性的な環境が、リゾートよりもブラックなほうに引き連れていった印象がありました。

 今年は何事もなく安全運転で完遂でき本当に良かったです。
 課題こそあるものの、また、次回できたらいいな、なんて……!

 覆面作家企画6のご参加本当にありがとうございました!!!

プロフィール
ブログ内検索
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
カテゴリ
最近の記事
アーカイブ
SNS等
リンク
フィード
JUGEM Ad