Aqours 3rd LoveLive! Tour 〜WONDERFUL STORIES〜 埼玉 Day1 行ってきました!

 昨日、西武メットライフドームで開催された、Aqours 3rd LoveLive! Tour 〜WONDERFUL STORIES〜に行ってきました!!!
 3rd Live Tour初日ということでめっちゃ盛り上がりました。Hop! Step! Jump! Projectの新情報も解禁されたのも大きいですね。

 前回の2nd Live Tour 埼玉Day1ぶりの現地参加(現地2度目)でした。西武ドームやっぱりでかい! あと暑かった!
 去年は9月末ということもあり、暑さは残るもののいうほど暑くはなかったし――そもそもスタンドの後ろの方だったのもあるかもしれないけど――よかったのですが、今年はスタンドだったもののかなり前の方だったのもあってか、本当に暑かった。ペットボトルで飲み物を1個持ってたけど、これは1個じゃだめだね、ちゃんと用意しないと。これは今回の教訓でした。

 今回は奇跡的に最速先行で当選しました。当選してたとわかったときは本当にやばかった。正直、一般的な感じでいえば(?)全然積んでいなかったので当選するとは思ってなかったのもあるけど、期待感もすごかった。当落は2月だったと思うので、それから4ヶ月間ずっとわくわくしてました。今回はそんな最速でわかったわけなので、ラブライブレードはちゃんと入手しました。WONDERFUL STORIES仕様なのはぐっときますね、紡いできた物語と考えると胸が熱くなります。
 最速先行ならアリーナもありえるのでは? と思ったわけだけど、実際はスタンドでがっくりしたんだけど、現地にいってみたら、スタンドだから遠くはなっていくんだけど全体を見通せる見やすいところだったのもよかった。いい具合に。

 西武ドーム周辺は相変わらず電波が悪くてやばかった。西武ドームの写真をあげようとしてもあがらなかった。恒例のコミケかよっ、と思いました。
 今回は、ちょっと早めに行きました。というのもその予定はなかったのですが、「ハイパーファビュラスアルティメットジャンボ寝そべりEX 高海千歌」が展示されると公式でお知らせがあったため。ファビュラスは今年のエイプリルフールネタ……だったはずなのだけど、朝を迎えてみると沼津に展示されていたというあの謎のねそべりなわけなのだけど、当然そんなすぐに沼津にいけるわけもなく、1日で終了だったわけで、見ることができなかったわけなのだけど、展示されるということで見たかったのでいきました。
 道中からちらっと見えるぐらいにはファビュラスはめっちゃでかくてほんと笑いましたwww 3m〜5mぐらいの高さはあったわこれ。これ、当日に見たら絶対に笑いが止まらなかっただろうなと思います。いやあなんだこれw
 展示はC駐車場だったので周辺をちょこちょこ見たりしてました。フラスタがめっちゃ愛に満ち溢れていてすごかった。私の愛はすごい薄っぺらいな……とちょっと落ち込んだりもしたけど、たくさんの人が支えているんだなあというのはすごい実感しました。一人ひとり合計9人分のフラスタとか本当圧巻だったなあ。インドネシアとかタイとか海外からもあって、それこそ会場には在日の方かもしれないけど海外の方もいらっしゃって本当すごい。

 ここでセットリスト。概ね、電撃G'zのページから引用します。


01.未来の僕らは知ってるよ
02.君の瞳を巡る冒険

〜MC〜
03.“MY LIST” to you!
04.MY 舞☆TONIGHT
05.君のこころは輝いてるかい?

〜アニメ2期1話〜6話ダイジェスト〜
06.MIRACLE WAVE

〜MC〜
〜幕間ちびキャラアニメ(1)〜
07.One More Sunshine Story
08.おやすみなさん!
09.in this unstable world
10.Pianoforte Monologue

〜幕間ちびキャラアニメ(2)〜
11.空も心も晴れるから(9人 Ver)
12.SKY JOURNEY
13.恋になりたいAQUARIUM

〜アニメ2期8話〜9話ダイジェスト〜
14.Awaken the power

〜MC(Saint Snow)〜
〜アニメ2期10話〜12話ダイジェスト〜
15.WATER BLUE NEW WORLD

〜アニメ2期12話後〜優勝後のアンコール披露までの間のオリジナル〜
16.青空Jumping Heart

〜アンコール〜
EN1.Landing action Yeah!!
EN2.勇気はどこに?君の胸に!

〜MCとお知らせ〜
EN3.WONDERFUL STORIES



 開始は大方の予想通り(そして、Aqours Locksでもそれを正すような発言があったわけで)、「未来の僕らは知ってるよ」でした。ファンミでアニメバージョンは何度も披露しているけど、フルは初だったのでそういう意味ですごい新鮮でした。しかも、やっぱりこの曲は盛り上がる!
 同じくAqours Locksで2曲目に注目を〜といっていた曲は、「君の瞳を巡る冒険」。確かその発言りきゃこだったと思うけど、そりゃ梨子ちゃん(よしりこ)センターならそう言っちゃうよなあと思ってちょっとにやつきましたがかっこよかった。MCで言っていたきゃんりかで振りが合うのもさることながら、きんふりがくっつくところとか歓声が沸き立ってましたね。
 MCはおかえりー! が言えたのは嬉しかったなあ。2ndの終着駅が西武ドームで、3rdが西武ドームから始まるっていうのはたまたまなのかもしれないけど粋な計らいですよね。

 MCを挟んで次は、「"MY LIST" to you!」 視聴聞いたときから好きな曲だったので嬉しかった。多分曜ちゃんセンター曲だと思うんだけど、CD音源と比べると曜ちゃんの声が甘くなってた気がする。そのほうがあってると思ってるからこれはハマってたしかわいかった。ちかっちの、えっ? のところで沸き立ってたのは案の定だった。かわいい。
 続いては、「MY 舞☆TONIGHT」 特に決まっているわけではないけど、サイリウムを赤かピンクに変えている人が多かった印象。すごいわかる。こちらもテンションアゲアゲ曲なので会場は最高に沸き立ってたし、1番が終わったあとに今回初センターステージになりました。あれ、ちなみに、このときの衣装ってまだみら僕衣装だったよね?
 さらに続けて、デビューシングルであり2期3話でも使用された、「君のこころは輝いてるかい?」 センターステージ曲ではないものPVにあるとおり円になったりするからピッタリだったなあ。しかも、センターステージの足元は液晶パネル? になっているようでいろんな映像が流れていたのがすごい印象的だった。たぶん、これまでで馬跳びを一番近くで見た。相変わらずこのところはハラハラする。。。。

 一旦キャストは引き上げ、アニメ2期1話から6話までのダイジェストが放送されました。マイマイもきみここもアニメ通りの曲順だったし、放映中にステージではなんか体育とかで使うマットみたいなものが引かれていて、「あ、これ来るな」とみんな思ったと思うけど、6話で果南に向かってちかっちが最後にできるかどうかを見せるあの映像からの、「MIRACLE WAVE」が始まるのは本当に鳥肌立った。
「MIRACLE WAVE」は今回一番楽しみにしていた曲でもあったので期待感もあれば不安感もあった。あんちゃんがちかっちと同様ロンダートをするのかという注目はあったけど、やるかどうかわからなかったし、失敗したらどうしたらよいのかもわからないし、いろいろ不安だった。だからなのかわからないけど、みんなみかん色になってたのは本当に一体感でていてよかったなあ。しかも、無事に飛ぶことができて、Aqours Waveが完成したときは喜びもすごかったし、そのあとは本当にテンションすごかった。掛け声が大きくできて楽しかったなあ。
 このあとにMCというかまあMCがあったんだけど、そこでのあんちゃんの言葉は深かった。Aqours Waveの完成もそうだけど、最初のMCのすわわのハグがあんちゃんにいった理由もあり、ちかなん尊い。。。。。 ってなった。。。。。いやあ、ここのMCはほんとよかった。MIRACLE WAVEの衣装の例の善子とまるちゃんの間違ってるに触れられたりして、なかなか印象的なところだった。

 それからはいつもの幕間ぶっ飛び脚本のちびキャラアニメ。今回は善子とルビィちゃんがAqoursの楽屋に突撃インタビューするという話だったのだけど、善子がやたらと埼玉をディスるというしゅかしゅー激おこ案件かと思えば楽屋に突撃してからの流れがやばかった。というか、一番ひどかったのはマリーだったと思うけど、キャラ的にはまるちゃんがいろいろやばかったよねこれ。どうしてもライオンほにゃららだし、ほにゃららの部分中の人の愛称と一緒だし、しかもどうてみも大西ほにゃららだったし、なんかもういろいろやばかった。子安か、子安なのかこの脚本は。お前じゃなかったらどうしようかと思うぞこれ。

 それからはやると言われててもにわかに信じていなかったソロ曲披露。
 発表順ということもあり、MIRACLE WAVEの余韻がまだ残る中でちかっちのソロ、「One More Sunshine Story」からスタート。冒頭の、「高海千歌 歌います!」っていうのが雰囲気あってたし、めっちゃかわいかった。衣装もドレスじゃないけど、なんていうか、お嬢様感出ていたのでたいへん可愛らしかった。どちらかというと、ついに1人で4万人の前に立ったんだなあ、という気持ちのほうがちょっとあって若干涙流してた。こうやって成長していく過程が見れるのがファンとしては嬉しいよね、うん。
 続いては、まるちゃんのソロ曲、「おやすみなさん!」でこちらはトロッコでアリーナを1週……のはずだったと思うのだが、折返し部分で終わった。これは期待通りなのか違うのかどうかはわからない。でも、次の曲までいたから違うんじゃないかなと思ったりも。――まあ、それはおいておいて、こちらもお嬢様っぽい黄色の衣装に身を包んだきんちゃんがかわいかった。白のリボンをつけたりしてたよね? かわいかった。
 次は、善子もといヨハネのソロ曲、「in this unstable world」でこちらは最高にかっこよくてしびれた。ステージ上の王座の椅子のところで女王のようにしながら歌うお姿は大変美しく妖艶な演出だった。映像もよかったね。1番が終わるとセンターステージまで風格を出しながら進み、あいきゃんのかっこいいダンスが披露されたり、その声量を思う存分見せてくれたり、本当にかっこいいステージだった。圧巻。センターステージ下の映像で魔法陣が描かれてたのは鳥肌だった。やばかった。
 次は、梨子ちゃんのソロ曲、「Pianoforte Monologue」で基本的には壇上2階(?)でのステージ。ソロ曲に関しては触れるMCなどがなかったのであれだけど、このときの衣装は1期11話の「想いよひとつになれ」の梨子ちゃんのピアノコンクールの衣装だったよね、これ。結果的にピアノが弾けたことでAqoursに加入することになった梨子ちゃんの気持ちの曲と衣装がぴったりマッチしてて素敵だったなあ。これまた、映像とダンスがマッチしてたのはよかった。
 りきゃこのソロが終わると会場全体が青に染まりつつあったけど、ここでソロは終了(帰りの電車でそのことに触れてた人もいたから、みんなやっぱりそう思ってたよね?) 残りのソロは2日目にやるのか別公演で披露するのかが大変気になるところ……。

 ここで再び、いつもの幕間ぶっ飛び脚本のちびキャラアニメパート2。ちかっちがMCを努めて西武ドーム4万人に聞いたクイズ形式のストーリー。みんなちかっちに聞かれたって言ってたけど、おれは聞いてないぞどうなってるんだ。(笑)ツッコミチームとボケチームで分けられてクイズに答えるわけだけど、ツッコミチームが思う存分ツッコミを入れていて、みんな疲れてそう。ここでもちかなんが披露されて、埼玉公演はちかなん推しだったのか。

 明けて、「空も心も晴れるから」の9人バージョン(恋アク衣装)。1期BD特典曲2年生バージョンではなく、2期第7話で披露された9人バージョン。しかもフルバージョンで提供され、映像もそのところを流れていたのでしんみりした感じでした。実は2nd Liveは埼玉しか参戦していないのでライブでは初めてみました。でもベンチに座ってたみたいだったし、だいぶ印象は違うのかな?
 続けて「SKY JOURNEY」 会場全体が青だったんだけど、SKY JOURNEYってそういう曲だったっけ? まあ、それはともかくこの曲もかっこよくてしびれた。
 さらに続けて、「恋になりたいAQUARIUM」で会場が再び沸き立つ。コールが決まってる曲はやっぱり雰囲気が全然違うね。しっとり聞くの好きなんだけど、盛り上がるのもめっちゃ楽しい。終始ステージにいたと思うんだけど、センターステージがちょこちょこ色が変わってたのが結構気になった。見えてないところでも映像が切り替わってたっぽいね、あれ。

 再びアニメ2期8話から9話のダイジェストを挟み、函館山のシーンを経て、「Awaken the power」 センターステージに直接キャストが現れ、その中にはひなひなとあさみんもいらっしゃって、Saint Aqours Snowとしてのステージに。直前までひなひなが他のお仕事のツイートしてたから、(Saint Snowが)まさか登場しないなんてことは……? と不安になってたけど、登場したときはほっとした。そもそも、函館ユニットカーニバルがこのための前座だった説もあるわけで登場しないことなんてないとは思ってたんだけど、いやはやサプライズとはこういうことだね。
 正直な気持ちとして函館やる前はAqoursの単独公演にSaint Snowが出るのはなあ、と思ってたりしたけど、函館ユニットカーニバルを見て一緒にやるところを見たいなあと思ってたので素直に嬉しい。Saint Snowの2人の声もダンスもよかったし、すごい新鮮な気持ちだった。会場もルビィと理亞カラーに染まって本当に一体になってたなあ。

 Awaken the power後はセンターステージでMC。ここでふりりんが涙を流してたのはとても印象的でした。割と挨拶のところとかで涙を流すキャストとか多いイメージあるけど(あいきゃんとかあんちゃんとかにゃーちゃんとか)ふりりんはあんまりそういうところなかった印象だったのでより一層印象的になったのかな、と。しかも、それが作中のルビィちゃんと重なるところがあって、それが作中とあいまってこっちももらい泣きだよ、本当に。
 少し済むとAqoursが下がってSaint Snowの2人だけに。まさか1曲やるんじゃないんだろうな、と思ったら前座的なAqoursの準備のためのMCのお時間でした。でも、この2人のMC面白いので楽しい時間だった。自分でも言ってたけど、あさみんいつも話長いよねw その中に割とぶっちゃけ話とか入っているのが面白いんだけど。AtPはみんな函館でやると思ったでしょ? とか、まさに思ってたし、関係者席に触れたり(関係者席に触れること殆ど無いし)、自己紹介のときも各々の紹介をした後に、ひなひなから指摘されるまでSaint Snowの自己紹介をし忘れてて、しかもそれの切り返しがAtPができて感動という素晴らしい切り返しの仕方をしたり、あさみんの話術は巧みですね。ちょっと抜けているところもよいんですけど。というか、ひなひなも含め、Saint Snowは、やばい奴らと言われてるぐらいにちょこちょこ抜けてて、お互いがそれを補っているところがよいですよね、うん。
 あ、あと、フィギュア選手の衣装みたいでしょ? と言って、とっておきの、セイラバウアーからのリアバウアーはめっちゃ笑ったwww そのあとにセンターステージを1周して、ひなひなが回ったら遅くない? とか言っちゃうとか、本当に面白いなあ。

 そんなSaint SnowのMCとアニメ2期10話から12話までのダイジェストから、「WATER BLUE NEW WORLD」へ。(当たり前ですが、12話でメンバが番号を数えるとき当たり前のように会場は10が響き渡りました)まず最初に見たとき驚いたのは、まるまりこの衣装がアニメと同じであることでした。これ本当にやるのかな? なんて思ったりもしてたのですが、本当にしかもしっかり青い羽まで飛び出す仕様になっていてすごかった! すごいやっぱりすごい。最後のちかっちの(G'zの表紙にもなった)シーンからあんちゃんに映像が変わる演出も好き。

 キャストがそのまま袖に捌けると再び映像に。ただここの映像は新規カットで、といってもアニメではなくて、楽屋にWBNW衣装が置かれているのがメインのカット。それにボイスが乗っているのですが、その内容がこれまでの振り返りだったりするなど、つまるところ、2期12話のWBNWによって優勝したAqoursがアンコールの曲を披露するための衣装チェンジの間の時間のカットです。これやばいよねほんとにやばいよね。本当にめっちゃ鳥肌がたった。2期13話でアンコールとして披露したのはわかっているわけで、それが公式で補完されるんだからこんな嬉しいことはなかった。いや、ほんとここの部分だけでもすごい需要あると思うんだけど。
 そのうえでよしりこだったり、ダイマルビィの会話だったりなんだりがあったりして、それぞれの思いが打ち明けられる内容は胸に来ました。。。。

 そんなわけではっちゃけ姉さんのアンコールききたいですよねー!? みたいなのから、「青空Jumping Heart」に入ったのは熱かった。映像もちゃんと13話仕様。今考えると、きみここ、青ジャンプ、みら僕と要所要所のオープニング曲が続けて聴けたのはすごいことだな、なんて思った。

 ここでキャストが再び袖に捌ける(センターステージだったよね?)とアンコールのコールが。2日目からアクアコールだったらしいけど、アンコールよりかはアクアコールのほうがいいよね、うん。まあでも正直、私のところは特に大きな声でコールしている方がいて最初はアクアコールだったんだけど、アンコールに変わってて、でも、会場のコールがいまいち聞き取れなかった部分もあるから、実際どうだったのかは実はよくわかってない。でも、周辺はアンコールだった。

 再びAqoursが登場すると、今度はトロッコでアリーナ周辺を回りながら、「Landing action Yeah!!」(三塁側)と「勇気はどこに?君の胸に!」(一塁側)の2曲続けて。どっちもみんな歌ってたし自分も歌ったから楽しかった。わいわい感出てた。キャストが最接近したのはここだったなあ、2曲ともトロッコ曲としては本当最適だよね、うん。
 そういえば、ランアクなんかはハンドクラップするシーンあるけど、ラブライブレードはストラップがついているので、これまで使っていた素のキンブレよりハンドクラップしやすくてよかった。さすがやでぇ……。

 そして、最後のMC。ふりりんかと思ったらにゃーちゃんだったトラブルがあったのが印象的だった……という冗談はさておき、あいきゃんとにゃーちゃんは涙を流してたのはよく覚えてて、すごいもらい泣きした。。。にゃーちゃんはあんちゃんのMIRACLE WAVEの成功を喜んでたのが印象的でした。あとキングのがおー! ね、早速幕間アニメネタだよ、さすがすぎる。他にもいろいろあったと思うけど、感情がぶっ飛んでて記憶が一部飛んでる。このほうが辛い。
 というのもお知らせが強烈過ぎた説はちょっとある(記憶力無ふり説もあるけど)。4th Liveが東京ドームで2daysだったり、その4thのためのシングルが8月1日に発売だったり、来年1月4日から劇場版公開だったり、さらに4thシングルリリース決定だったり、それぞれが1個の大きなお知らせレベルのものがどーんときて、しかも初日だったから私はおろか会場全体の感情が高ぶってた。あまりにやばすぎて、やべー!!! みたいな話を隣の知らない人ともしちゃったよ!!!!! すごい!!!!
 このビッグニュースがこんなに来たからにはこれからもそのつもりでも、もっと応援していかねばですね。

 そして、最後のツアーの表題にもなっている、「WONDERFUL STORIES」 Aqoursがラブライブで優勝するまでの道のり、メンバたちの成長、などなどをひっくるめた素晴らしいこの物語の終わりの曲。カーテンが閉まった。でも、再び開いたあの演出は劇場版への道なのかなと前向きに考えたいです。終わりの始まり、みたいな。衣装はアンコールのためライブTですがスカートが制服だったのが少なくとも衣装として適してました。

 なんかつらつらとああでもないと書きましたが、何が言いたいかと言うと楽しかった!!!!!! ということです。
 まだツアー自体は残ってますが現地は今回だけだったのであとは行けたらLV行きたいところ。ソロも曜ちゃん以降をみたい!!

デジモンアドベンチャー tri. 第六章 ぼくらの未来 見てきました

 第一章、第二章、第三章、第四章、第五章に続いて、デジモンアドベンチャー tri. 第六章を19日に見てきました。
 2015年11月から2018年5月の2年半に続いた本作もこの第六章で完結。無事全部見ることができて良かったです。

 そんな第六章は、第五章で太一と西島先生が大地に飲み込まれたシーンのあとからスタート。太一たちの生死も不明なまま、ヤマトたちは現実世界へと戻ります。その現実世界は闇に覆われ、デジモンたちが暴れる状態。そこにメイクーモンとテイルモンを取り込んだオルディネモンが姿を表し、現実世界を壊していく……というストーリー。
 ホメオスタシス陣営とイグドラシル陣営の最終決戦の中、現実世界で取れる最後の手段。それらを与えられた選ばれし子供達はどうするのか、そういった点がポイントだったのかなと思います。あまり書くとネタバレになるので深く書けないのが難しいところですが、そういった前向きな姿勢はよかったです。
 あと、太一がいなくなったことでリーダーというポジションを引き継ぐ形になったヤマトが、それまで太一の言っていたことを理解したり、その重圧を感じるという点は、気持ちにくるものがありました。ヤマトが感情を吐露するというのが珍しいのもあると思いますが、それだけの立場なんだなと思うと、ね。
 他にも第三章と第四章で気になるポイントの回収部分の演出はとてもよかったですね。ああそんなことになっていたのか!! という感動すらわくポイントでした。この部分の設定もよかったし、演出もよかったし、このところはすごい好きです。

 ネットの評価や一緒にいった皆様方を含め、だいぶ評価自体はよろしくなく、まあ、気持ちもわかるのですが、概ね1章の頃から言われているようにくどさはありましたね……。当たり障りないところで言うと、同じ進化シーンが2回あるとかそういう点。今回の問題点は主にラストとその布石だとは思いますが。
 決してこういうエンドが嫌いなわけではないのですが、あれ?? となったのは確か。キービジュアルとかも含め、もう少しこうしてほしかったなあと思うところはありました。

 第一章や第二章で日常シーンが多く、戦闘シーンが少ないみたいなことを言われていたり、たぶん自分自身もそういうことを書いたと思うのですが、本作は第六章まであるのが前提の作品だったので、その点についての理解ができたのは、また全体を通して見直すと新しい発見があるのかな、と思います。

 また、デジモンは新プロジェクトが動くということで、どうなるかはわかりませんが、今後が楽しみですね。

 デジモンアドベンチャー Tri. 完結おめでとうございます! お疲れ様でした!

沼津2回目

 昨日に静岡県沼津市にあるあわしまマリンパークに遊びに行ってきました! 前回同様、雨模様の中弾丸で。ただ、今回は9時過ぎ着で16時半ぐらいに帰途に着いたので7時間ほど滞在してました。本当はもっと長く滞在するつもりだったのですが、午後から降り出した雨が予想以上に強くなってきたのでやむなしでした。

 今回の交通手段は電車で。新幹線を使わず在来線で行ったのでかなり時間がかかりましたが、お値段は新幹線の半分。安い。でも、お時間が新幹線の1.5倍。遅い。いろんな方法を探したけど、お金と時間は天秤にかけるしかありませんでした。
 ただ、東海道線に乗ってたら本当にどこにあるか知らなかったし通るなんて思ってもみなかったんですけど、根府川駅に停車しまして。根府川駅といえば、μ'sが2期10話で"おしまい"を決めたあのシーンの帰りの駅として登場する場所で、ラブライブ!サンシャイン!!の前のラブライブ!の聖地。こんなところにあったとは知ってたかもしれないけど、まさか前を通ることになるとは思ってもみませんでした。まあ、サンシャインでも登場するのでサンシャインの聖地でもあるのですが。というかちゃんと地理を理解してなかったんですけど、国府津と根府川で、海岸のシーンと駅はだいぶ距離が離れてたんですね、駅はモデルに使っただけなんでしょうけど。
 あと、本当に偶然だと思うんですけど、電車を待ってたら特急電車が来まして前に停車したんです。そしたら、どうもその電車が私が乗る予定の時刻の電車だったらしく、えええ??? 特急券持ってないけど本当にいいのこれ??? ってなりました。後々調べたら、その電車がJR東海373系電車? というらしく、通常は特急車両として運行しているらしいのですが、まれになのか1日1回なのかわからないんですが、特急ではなく普通として運行してるとかなんとか。そのレアなケースにあたったらしく、本当に驚きました。
 というか、JR東海の電車に乗ること自体、(記憶の上では)初めてだったので本当に面食らいました……。


 今回は、あわしまマリンパークで3月から開催されている孤島の水族館からの脱出というリアル脱出ゲームをする目的で訪れました。Aqoursが東京でライブをすることになったのだが、そのライブで使う荷物がなくなり、犯人からそれを取り返す……という感じのストーリー。淡島を舞台にAqoursとの音声ガイドを聴きながら謎解きをします。なお、ガイドは主にちかっち。
 このゲームは淡島全体を使った謎解きだと事前に聞いていたので、淡島を初めて訪れた身としては聖地巡礼的な意味でも楽しめました。行けないところは淡島ホテル(当たり前だけど宿泊客じゃなきゃ施設には入れない)、ゲーム中行く必要のない淡島神社ぐらい――もっともサイドストーリー音源があるので行くことも可能だったので、淡島ホテル関連以外は全部行ったんじゃないかなあ。

 その淡島神社の道のりはやばかったですね……。やばいとは聞いていたのである程度覚悟していったのですが、階段は石段なのでゴツゴツしてるし、一部はややフラットですがほぼ勾配がきつくて一歩一歩が辛かったです。しかも、ちょうど雨が降っていたので石は塗れてるし、手すりも塗れてるしでひやひやものでした。もうあれは登りたくない……と思った帰り道はまた登るのも悪くないななんて思ったりもしたり、よく自分でもわかりません。
 にしても、「がんばって」の看板が初っ端で出てきたのはちょっと笑いました。応援してくれるの随分早いんですね、確かにあそこの時点でめげそうになる気持ちはわかるけども。
 この階段をトレーニングで昇り降りしてるAqours(特に果南)の体力が付くのも納得です。もっとも、この階段を走って登るのは危なくないかなと心配になります。

 淡島で一番楽しみにしていたのは水族館……ではなくて、実はBlue Caveだったりします。2期10話で3年生の大事な場面で描かれたのもそうですが、スクフェスの第3回おさんぽラリーのときの背景として登場したときもそうで、いずれもすごい綺麗だなあと思って、行ってみたい! と思ったところです。
 実際に行ってみて本当にすごい綺麗なところですごかったです。入り口はいかにもトンネル入口という感じだったのですが、入ってみると青いイルミネーションの空間が長く続いていてちょっと感動してしまいました。写真を撮って見ると、青いイルミネーションのアーチとアーチの間隔の部分が暗くなってしまったのですが、実際には全体が青く(は言いすぎかもしれませんが)なっているように見えて、目で見た景色が本当に綺麗でした。よかった、ほんと。。。

 肝心のリアル脱出ゲームは無事脱出できましたが、ヒントは頼ってしまいました。"リアル脱出ゲーム"に参加するのは2度目ですがこのゲームのやり口がわかった気がします。もっとも、時間制限のあるタイプはやったことがないのでどうなのかわかりませんが……。Aqoursとの音声ガイドもあって、サイドストーリーというゲームには関係ない要素もボイス付きで、Aqoursと一緒に謎解きに参加してる感が出るのも本当に楽しかったなあ。かなり満足です。楽しかった。
 謎解きなので詳しく書けないのは申し訳ない……!
 にしても、ゲーム中に登場するイセエビのシーンのところ、あれSNSに出回ってるけどいいのか、ほんと……w

 謎解きが終わった後は離宮(レストラン)でご飯(マグロ丼もといレッド)食べて、淡島神社に行って、水族館回って帰ってきました。水族館、ふれあいコーナーでふれあいたかったけど、怖くてやめてしまった……。ウニはいけそうだったけど、ナマコは怖かった。梨子ちゃんの気持ちはよくわかる……。
 ペンギンはかわいかった! 最初行ったとき、遠くの方に全く動かない状態でいたから、一瞬置き物かと思った。次に前を通ったら、柵の前までみんなきててめっちゃ近くてかわいかった。その後にまたきたらまた遠くの方にいたんだけど、柵の前に張り紙がしてあって、柵の前にたくさん集まってたらご飯を求めてるらしく、ああ、あのときご飯を求めてたんだなと思ったらめっちゃかわいい。
 いやあ、でも、水族館は一人でいくもんじゃないね、うん。誰かと行ってああだこうだしゃべりながらが一番楽しい気がする。

 その後は陸に戻ってそのまま沼津駅方面へ。本当は市街地を歩き回って散策したいなあと思っていたのですが、雨で微妙な感じになり、かつ、少々自信も雨のダメージを受けすぎたので予定を切り上げて帰路につきました。本当は夕飯食べてから帰る予定だったのですが、それもできず無念……。ただ、すごい偶然なんだけど上土商店街前を歩いていてグランマさんが現れた(上土にあることを知らなかった)ので堕天使のショコラを食べました。あまりの美味しさに何十個も食べたくなった。
 本当は沼津港付近にいきたかったんですが、まあ、雨模様でびゅうおに行ってもきれいな景色も見れないだろうし、天気的にいかなかったのが妥当な気がします。逆に行けなかったということは、また改めて行く機会ができたと前に向きに考えようかな、と。
 ということで、また、今度行きます。というか、今回2回目ですが、いまだに沼津から富士山を見ていないので3回目は必ず晴れた日に行きたい。

Saint Snow PRESENTS LOVELIVE! SUNSHINE!! HAKODATE UNIT CARNIVAL LVで参加しました!

 昨日4月27日と28日に函館アリーナで開催された、Saint Snow PRESENTS LOVELIVE! SUNSHINE!! HAKODATE UNIT CARNIVALの2日目LVで参加しました!!!

 さすがに函館は遠かった。最速先行を取れなかったら宿も確保できなかった。……こともあり、LVで参加しました。初LVです。別の意味で大変緊張しました。でも、楽しかったです。やっぱり現地だよなあと思ったりはしたものの、LVはカメラがキャストに最接近することもあって、現地だと見にくい事々の表情だったり動きを見ることができるのでそれは強みだな、と。現地アリーナ前方とかなら別なんですが、敷居は高いのでLVはLVの良さがあり、楽しかったです。

 2日目のセットリストは以下の通り。
 1日目はBD全巻特典曲と1stユニットシングルのB面だったとかで、結果として、函館UCでユニット曲は全て披露したことになるんですね。

#Saint Snow
- DROPOUT!?
- MC
- CRASHMIND

#AZALEA
- トリコリコPLEASE!!
- GALAXY HidE and SeeK
- MC
- INNOCENT BIRD

#CYaRon!
- 元気前回DAY!DAY!DAY!
- 近未来ハッピーエンド
- MC
- 海岸通りで待ってるよ

#Guilty Kiss
- Strawberry Trapper
- コワレヤスキ
- MC
- Shadow gat to love

# Saint Snow
- SELF CONTROL!!

- MC

# Aqours + Saint Snow
- ユメ語るよりユメ歌おう


 私は1stに参戦していないのと、2nd埼玉Day1だったので実はシングルとしてリリースしたユニット曲は全て初見でした。そんなこともあって、全てが新鮮で本当に楽しかった。

 開幕Saint Snowの重厚なサウンドのDROPOUT!?から始まってテンションが急速にあがったことでややこのあたりは飛んでたりするけど、迫力すごかった。特にその後の後半のSELF CONTROL!!もそうだけど、あさみんの叫ぶ歌い方がすごい印象的で迫力が本当にやばかった。ひなひなもダンスのキレ? がよくて、総じてSaint Snowの相性バッチリだなあと思った。別の意味で、いい方向でヤバイ奴らだった。
 MCも役的にも実際にも年上のあさみんがメインでしゃべることが多かったと思うけど、ひなひながフォロー入れたり、ちゃんと突っ込んだり支えてるかと思えば、最後のMCで泣き出しそうなひなひなの背中に手をおいたり、フォローしあってて役の通りの二人でよかった。
 ああ、あと、あんちゃんとあさみんのあのすれ違いの会話がめっちゃ面白かったです(笑) あんちゃんの話の後にSaint Snowが同じ話をし始めたときは大笑いでした。あさみんのノリ、好きぃ……。しかも、あの話、ひなひなの話からスムーズに入ったよな、ほんと……。

 ユニットということもあって、Aqoursは9人で集まる機会は最後のMC以降しかなく、"Aqours"としての印象は薄めだった。逆にユニットとしての印象は当たり前のようだけどすごく強かった。ユニット生放送とかもで、"Aqours"として見る事が多いので、なんかちょっと不思議な感じでした。

 AZALEAの回では、AZALEA曲がやっぱり好きなんだなあ、とすごく思った。テクノポップ? が好きなので、トリコリコや銀河とかIBとか最高でした。自己紹介のところのセクシー担当はなんかやばかった。トリコリコステッキ……じゃなくて、なんだっけ、あれの対決もすわわもとい果南圧勝で笑いました。そして、忖度というワードが飛び出したり、やっぱりキング話し上手だよね、最下位のダイヤさん発言とかいろいろあったけど、全部キングでさすがすぎる。

 CYaRon!の回では、DDDと近未来という王道アイドルソングが続けて突っ込まれたので会場の熱気がやばかった。コールする箇所多いからね……私もDDDに参戦できて嬉しいです。逆にその2曲でつかみはOKだったんだけど、最後が海岸通りだからちょっとおとなしくなっちゃったなあ、という印象はあったけども。
 その海岸通りの振り付け講座が来たのは嬉しかったなあ。2ndでそういうのがあったっていうのは知ってたんだけど、どんな感じなのか知らなかったし。しゅかしゅーのズンチャズンチャ発言により、会場が謎の一体感に包まれたのは笑った。
 今回はなのかわからないけど、レジェンドは今回控えめで、しゅかしゅーとあんちゃんが多かった気がする。CIKAとか角生えたりとか、ちょっと前述しちゃったけど、あさみんとあんちゃんの各々のリーダー同士のすれ違いの話とか。沼津にもいいところありますよ、の長さとかね、うん、これは面白かった。あと、バズーカーの中身を出すくだりとかかな。
 あと新武器CYaRon!玉のフリの( ゚д゚)の扱いと、CYaRon!玉とは? かな。近未来衣装は海賊風だから、大砲でも飛び出てくるのかと思ったら、シャボン玉でシャボン玉かーい!!! とすごい突っ込んでしまった。ふりりんがシャボン玉と言い間違えてたのあったけど、あれ答えだったんじゃねえかwwww ってすごいなってました。1日目のりきゃこのイカと同じです。

 ギルキスの回も、CYaRon!と同様にストトラとコワレヤスキという爆上げ曲だったので会場の熱気がやばかった。どっちもリズムがわからなくてサイリウムがぐだぐだだった(これはうちのLV会場ではみんなそうだった気がする) 梨子ちゃん推しなのにうまくできなくて悔しい。CYaRon!と同様、shadow gate to loveはおしゃれ曲なのでちょっとおとなしくなっちゃったなあ感はあった。でも、それ以上にストトラとコワレヤスキがやばくて、めっちゃかっこよくて震えた。ストトラの曲終わりの最後にりきゃこが抜かれたんだけど、めっちゃイケメンだった。
 あと、ギルキスに関して言えばあいにゃが走ってたのをみて捻挫なおったのかーと思ってすごい安心した。最後の挨拶のとき、遅れを取ってて、できればまだ走らないほうがいいのかな、と思った部分もあったので、まだちょっと不安だけど、大丈夫かなあ……。
 ギルキスはもういつもどおり触れるところが多すぎてあれなんだけど、とりあえずイカといくらだった。問題やる前にイカのポーズを函館現地でやってる人が抜かれてたり、結局問題はイカだったり、様式美だった(違う)
 いくらはあれだ、朝ごはん? かなんかで、あいきゃんがいくらが入っているはずの瓶に10個ぐらいしか残って無くて、その入っていたいくらはりきゃこが取り出すときにドバッって出した話。あいにゃがウニ貰ったという話とも紐づくあれ。なんか最近、りきゃこの日常がいろいろやばいことが判明しててやばい。
 衣装紹介は、ギルキスセクシー担当だったあいきゃんのあれやばかった。なんていうの、ダメージジーンズ的な衣装のあれの隙間ね、嫌がるのがむしろかわいいやつ、最高でしたね……。ヨハネはセクシー担当だったことには誰も触れなかった。そのあとのりきゃこの衣装の注目ポイントの話のときに、あいにゃのおじさんが出てきたのも面白かった。あいきゃんが離れて、あいにゃも一緒に離れたのにまだ触りたがってるところとか、もうあいにゃのおじさん炸裂してるなとすごい思いました(笑) なんだっけ、その前のくだりでイルカが出てたと思うんだけど、このタイミングであいにゃのイルカ笑いが出たのも面白かった。あいにゃの笑い方はいろいろ種類があって面白いなあ。

 お知らせとして函館UCのBD/DVDの話が出て、そこで推しカメラ機能がついに実装されたのは印象的でしたね。9人で踊ることが最後以外ないので、(BD/DVDに収録する容量的なものも含めた)コスト的にも推しカメラを導入してもよいという判断だったんでしょうか。推しカメラはμ'sのときからちょくちょく話に出てたイメージがあるので、やっときたか! という印象です。
 ここで推しカメラの反応が良ければ次回以降にも活かされるのかも……? でも、3rd後だから3rdはなさそうですね。2ndも埼玉以外はダイジェストだったりするぐらいだし。


 まあ、そんなこんなありまして本当に楽しかったです。1日目にAwaken the Powerをやらなかったと聞いていたのでやらないんだろうなと思って本当にやらなかったのは残念だったのですが、Saint Snowを含めユニット曲を存分に楽しめたのですごい満足です。
 そのAtPは3rdでやるだろうから、そのときにSaint Snowがゲスト参加するのかどうかが気になるところです。正直、3rdにゲスト参加しないだろうと思っていて、だから今回披露するかななんて思っていたのですが、的はずれな考えだったようです。

 函館UC楽しかった!! 最高!!!

プロフィール
ブログ内検索
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリ
最近の記事
アーカイブ
SNS等
リンク
フィード
JUGEM Ad